KYOEISHA 教映社

社員の声

Interview 02

沢山の人と出会うことが
人生を豊かにする。

2018年入社

AVCシステム事業部(首都圏) 
A さん

Aさん

何故 教映社を選んだか

映画が好きで
映像に関する仕事につきたかった。

映画が好きで今でもたくさん見ています。休みの時は映画を見ているか、VRゲームをやっています。ちなみに1番好きな映画は“雨に唄えば”です。
映像の世界の変化と日々進化していく技術のそばで働きたいと思ったんです。

今の仕事で感じていること

周りは先輩ばかり。分からないことは分からないと素直に聞くことが大切

まわりに同世代の人がいないんです。何かを聞こうとしても会社の中はみんな先輩ばかり。
現場に行っても職人さん、協力業者さんは大先輩なんです。
何を聞いても的を射ていなくて叱られる、現場で指示を出そうとしても聞いてくれない、どうすればいいんだろう。正直悩みました。そこで初心に帰り自分は一番下なんだから分からないことが多くて当たりまえだと考えたのです。そうしたら肩の荷が下りて素直にわからないことを聞けるようになり、繰り返すうちに、先輩も協力業者さんも丁寧に教えてくれるようになってきたんです。先輩の懐に入り、真摯に取り組むことで信頼関係を作り上げてきました。

会社に入って良かったこと

たくさんの人と出会うことが
人生を豊かにする。

東京都下にある大型物件を任されたことがあります。そのこと自体とても嬉しかったのですが、実際に始まってみると予定通りいかないことの連続でした。怒鳴られ、叱られそれでも頭を下げてお願いし、あるときは現場監督を通じてお願いして一つ一つクリアしていきました。完成して大型スクリーンに映像が出る。お客様が喜んでいる顔を見た時、正直、ホッとしたという安堵感のほうが強かったです。そのあとにじわじわとやり遂げた感動が沸き上がってきました。その喜びは苦労した量に比例して大きかったように思います。
結局この仕事は一人では何もできないんです。関わる分野が広いのでたくさんの人と心を合わせて進めていきます。だから一つの現場が終わるとたくさんの人と知り合うことが出来るのです。これも教映社の仕事の魅力ですね。たくさんの人と出会うことで、人生が豊かになる。本当にそう感じます。

Aさん

教映社でこれからやりたいこと

やっぱり映画館に
まつわる仕事がしたい。

博物館の仕事に携わっているのですが、単純にマスコミに出るような仕事とか世間の話題になるような仕事はやりたいですね。友達にも自慢できるし。
今の仕事は自分の趣味ととても近い。たとえばドライブインシアターとか360度スクリーンの映画館とか、新しい発想で映画館にまつわる仕事ができるようになりたい。

学生さんたちに伝えたい事

今の時代、仕事と趣味は両立できます。趣味を生かして仕事も頑張る。できれば自分の夢と仕事が近いところに行ければ最高ですね。僕は教映社で実現したいです。

Aさん

一緒に働きましょう

マイナビ会員IDをお持ちの方は、マイナビ2022に登録されたご自身の会員情報を利用してエントリーすることが
できます。よろしければ以下「マイナビ」ボタンより画面の案内にしたがって手続きをおこなってください。

  • 日本映像機材レンタル協会
  • 一般社団法人 日本コンベンション協会

ページトップ

ページトップ