KYOEISHA 教映社

社員の声

Interview 05

現場での経験が
自分を一番成長させてくれた。
自分が楽しく仕事をしていることは
周りにも伝わる。

2019年入社

イベントシステム事業部(関西) 
U さん

Uさん

何故 教映社を選んだか

ジャンルに関係なく
舞台の近くで仕事がしたかった。

私はもともと音楽を演奏することが好きで、その道に進もうと考えていたのですが、高校時代に観に行ったライブコンサートで、音響スタッフを見たときに、裏方の仕事がカッコいいと思い、興味を持つようになりました。
そこから大学では舞台スタッフについて勉強し、それを踏まえた上で音楽活動を続けていくうちに、裏方の人たちがいてこそステージが成り立っていることを改めて感じ、裏方の仕事をしたいと考えるようになりました。
学生時代のアルバイトで、結婚式場の音響をやっていましたが、もっと舞台に近い現場で仕事がしたい、音楽だけではなく新しいことをやってみたい、と思いながら就職活動をしている時に、教映社に出会うことが出来ました。

今の仕事で感じていること

今の仕事は
とても楽しいと思っています。

今はテレビ局の仕事を中心にやっています。音響の仕事は多少経験がありましたが、映像の仕事は全く分からなくて勉強の連続でした。早い段階で現場に出させてもらいましたが、最初は自分が何をしたらいいのか分からないことが多くありました。その経験から、次の現場での自分の役割や段取りを必ず確認し、機材も事前に触っておくように心がけました。そうすることで周りが見えて、今自分は何をすれば現場が円滑に進んでいくのかが、少しずつ理解できるようになりました。
困ったときには相談できる先輩がいつもいたので教えてもらい、風通し良く仕事をすることができています。今の仕事は環境も含めてとても楽しいと思っています。

会社に入って良かったこと

自分に任された仕事が
無事に終わったときに感じる
達成感が好きです。

とにかくたくさんの現場に出られることです。現場の空気が大好きなので、たくさん経験させてもらって、自分が少しずつ成長しているのを感じています。
設営・リハーサル・本番・撤去、一つの仕事が無事に終わったときに感じる達成感はこの仕事ならではだと思います。一緒に携わった人との連帯感を感じたり、現場が成功して終わった後にお礼の言葉をかけてもらったりすると、自分が少しでも役に立っていると実感させてくれます。

Uさん

教映社でこれからやりたいこと

一緒に仕事をすると楽しいと
感じてもらえるようになりたい。

ライブやコンサートなどに関係する仕事に携わっていき、教映社の中でもその分野のスーパープレイヤーになって活躍したいです。好きな仕事をすることで楽しさが周りにも伝わり、一緒に仕事をしている人皆と達成感を味わえると思っています。
「Uさんと一緒に仕事をすると楽しい。任せて良かった」と感じてもらえるようになりたいです。

学生さんたちに伝えたい事

信頼されることで
仕事が楽しくなっていく。

どんな仕事でも、楽しむ気持ちを忘れずにいることが大切だと思っています。
その「仕事をする上で楽しむ」為には自分の役割を考えてやり遂げ、経験や知識を重ね自分に自信をつけることが必要です。
私は比較的好きな道を歩み、好きなことに近い仕事ができています。しかし、そうであっても、日々の業務をこなしていく中で、辛い、しんどいと感じることは出てきます。
それでも、経験を重ねることによって生まれる自信や、人々からの信頼が、仕事をしていて「楽しい」と感じることができるようになると信じています。
そして、その気持ちが一緒に仕事をしている人だけでなく、見てくれる人たちにも伝わり感動を与えることが出来るのではと考えています。

Uさん

一緒に働きましょう

マイナビ会員IDをお持ちの方は、マイナビ2022に登録されたご自身の会員情報を利用してエントリーすることが
できます。よろしければ以下「マイナビ」ボタンより画面の案内にしたがって手続きをおこなってください。

  • 日本映像機材レンタル協会
  • 一般社団法人 日本コンベンション協会

ページトップ

ページトップ